2018年8月31日ビジネス

 

 
昨日「絶対達成社長の会の朝会」がありました。

非常に良い刺激を受けましたので、シェアします。

 

 

~・~・~・~・~・~・~

 

 

★「やり方」より「あり方」

 

 

・やり方はテクニック。メソッドなので、
1,2回でいい。
・あり方は、メンテナンスなので、定期的に
おこなう必要がある。

 

 
★どういう人が目標を達成できないか。

 

 

=======
マイペースな人
=======

たら、れば、という人
気分が向いたらやる人
これでは、いつまでたってもよいペースにならない。

 

 

 

ルールや当たり前の基準に合わせなければならない。
自分のペースでやってはいけない。
自分のペースをくずしていく。
感情をコントロールする。

 

 
★自分だけではとても難しいので、
仕組みを利用する。

 

 
仕組みにたよるのがいい。
体調も組織の運営も。
仕組みを使って、強制的にやっていく。

 
リズムをつけて、ルーティン化していく。

 

 
やり方は自分のやり方で、
気分が乗ったときにやる、ということが
おかしい、と気づくこと。

 

 
他人のまね、プロのまねをそのままやったって
上手くいかないが、自分のやり方は、もっと
何ともならない。

 

 
常にペースメイキングをしなければならない。
仕組みや誰かにやってもらう。

 

 
自分一人で何もかも
やっていくというのは、素人。

 

 

 

★入会するハードルが高ければ高いほど
会に対する忠誠心が高くなる。

 

 
低ければ低いほど、満足感が低い。

 

 
「生活の木」アロマ・ハーブの会社
入社のための面接が6次まであり、さらに山のなかで
激しい訓練がある。ほとんどが女性。離職率が低い。
素晴らしいおもてなし。人気の会社になっている。

 
コストを払うことによって、自分のものにしていく。
コストとはお金だけではない。時間も。
何かに頼ることも。

 

 
悩む習慣をやめて、考える習慣に。

 

 
どれくらい、何をしたらいいかわからない。
プロにしかわからない。
プロのペースに合わせる。

 

 
★サンクコスト効果
投入すればするほど、回収したくなる。
ギャンブルでよく使われる効果のこと。
汗をかいた以上、何とかしたい

 


面倒なことをいかにするか。
朝、忙しい時間にするのだから、

一生懸命にする。

 

 

 

私一人でできる、は、傲慢!よくない。

自分でできるという自信過剰バイアスを
いかにはずすか。

 

 

 

★素直になることが重要。
その素直には2通りある。

 

 
*表面的な素直
すぐに、はい、わかりました、と答えるが
やらない。総論賛成、各論反対。
単に、反応しているだけ。

 

 

 

*強さのある素直
感情を律する素直さ。

総論賛成、各論賛成。
そうしなくてもいい、と思う気持ちを、いや、
プロの言うことを聞こう、それには強さが必要。

 

 

 

 

人は環境によっても左右される。

 

 
「強み」ではなく「強さ」

 

 
吉野源三郎

「君たちはどういきるか」のなかにあることば

 

 

★「世間には、悪い人ではないが、弱いばかりに、
自分にも他人にも余計な不幸を招いている人が
決して少なくない」

 

 

~・~・~・~・~・~・~

 

 

私の気づき
1、強い素直さが大事
2、「強み」ではなく「強さ」
3、マイペース最悪

 

 

 

全スケジュール