himekuri

 

日めくりカードを引いてみました。

今日のカードは、

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

エネルギーを上げるには、

動け!動け!動け!
疲れるとすぐ「休みが必要」と思っていませんか?

それこそあなたが疲れる理由です。

 

 

ブレーキを踏む癖をやめて、動きましょう。

動けば動くほどエネルギッシュになるでしょう。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

フラクタル心理学では、すべての問題の原因は
究極的に、怠慢、傲慢、無知、である、としています。

 

 

一番難しいのが、そう、怠慢です。

 

 

ところで、
一色先生の古いブログに怠慢のことがありました。

 

 

それを引用しますね。

 

 

これは、スタットワークのホームページ
にもアップしています。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

むかしはこんなたとえ話で教えていました。

 

 

「あなたの足下にトカゲがいるよ!」

と言うと、たいがいの人は、ギャッと驚いて、

足下を見ます。

 

 

まあ、ウソなんですけど。

 

 

でも、トカゲがいる、と聞いて、
どんな大きさをイメージしましたか?

 

 

せいぜい、15センチくらいではないでしょうか。

 

 

日本では、15センチのトカゲでも、

みんなギャッと言いますよね。

 

 

でも、ナイジェリアでは(むかし、元夫が行った国)、

30センチくらいの巨大なトカゲが
のそのそと道路を歩いているそうな。

 

 

誰も、「ギャッ」と驚かないのだそうな。

 

 

だって、そんなの当たり前だから。

 

 

つまり、多くの人は、「私は誰も恨んでいません」

というけど、

その基準はナイジェリアのトカゲのよう。

 

 

あまりにも恨みが大きすぎて、
まわり中に恨みの人がごろごろしています。

 

 

当たり前のように

政府を恨み、親を恨み、会社を恨むので、

それが恨みとは思わず、

正義だと思っていたり、

自分のほうが賢いせいだと
思っていたりするわけです。

 

 

それほど、当たり前のものは認識できない。

 

 

というわけで、

「トカゲを恐がれ!」というとはじめて、

「えっ、トカゲ?」とトカゲが認識できるように、

「恨みを捨てろ!」と自分に言って、

「恨み」という言葉を脳に入れないと、

自分が恨んでいる瞬間を
とらえることが出来ないのです。

 

 

その瞬間をとらえることが出来たら、

恨みを解除できます。

 

 

たとえば、人がぶつかったとき。

 

 

誰かがたばこを吸ったとき。

 

 

電車で、座れなかったとき。

 

 

雨が降ってきたのに、
重い荷物を抱えて歩かなければいけないとき。

などなど・・・。

 

 

もし、あなたに恨みがなければ、

なんと、これらがなくなる日が来るんですよ!!

 

 

でも、多くの人は、

まさかこんなことがなくなるはずがない、

と思っていますよね。

 

 

これが恨みなんです。

 

 

深い恨みですね。

 

 

というわけで、
あまりにも当たり前のものを解除するには、

まず、そのネガティブなものを
認識することから始めます。

 

 

すると、やっと、脳から恨みを追い出せます。

 

 

すると、解除できて、そこに新しいパターンを
埋め込むことが出来ます。

 

 

脳が、何倍も効率よく使えるのです。
同様に、多くの人は、すでに超怠慢です。

 

 

「いいや、私はよく働いている」と思ったとしても、

おそらく、90%の確信で、あなたも怠慢でしょう。

 

 

というのは、

人は自分の思考が現実化する世界に生きているので、

創造主であり、神なのですが、

 

 

みんな神としての自分の人生の目的を持っておらず、

ただ、人間として普通の人生を生きられれば、

それでいい、と思っています。

 

 

これが「怠慢」です。

 

 

「怠慢」とは、

「人生の目的に対して怠慢」という意味です。

 

 

「だって、私は働いていて、時間がないのだから怠慢ではない」

というのはまさしく怠慢です。

 

 

あなたは世界一貴重な人。

 

 

フラクタル心理学を学ぶと
よくわかりますよね。

 

 

あなたに無関係なものは存在しない。

 

 

それほど貴重な人です。

 

 

だから、あなたには生きる目的があり、

それは平凡ではありえない。

 

 

その目的を果たすために、

さっさと怠慢を捨てましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

この一色先生の文章は、パンチ法のことが
書かれているブログ記事の一部です。

 

 

パンチ法というのは、
フラクタル心理学マスター初級のなかで
お伝えするものなので

パンチ法の部分は、省いてアップさせていただきました。

 

 

パンチ法は、強烈な修正法なので、

きちんと初級の修正法を学んだ
後でないと危険なのです。

 

 

もしパンチ法を知りたい方は
初級をお受けくださいね。

 

 

まだ入門を受けていない方は、
入門からです。

 

 

 

全スケジュール