脳の空白

 

 

あなたが上司で相手が部下、
あなたが親で相手が子どものようなとき、

 

 

ついこう叱ってしまうことありませんか?

 
「なんで、そういうことやるの?」
「どうして、期限通りに提出しないんだ?」

 
質問をしているわけではないけれど、

 
聞いているほうはそう言われると

とっさにその理由を考えます。

 

 

言い訳を考えることになってしまうのです。

 

 

脳には空白の原則というのがあって
空白をうめようとするのです。

 

 

過去の体験からうめたくなるのです。

 

 

上司や親は、本当は答えを求めているのではなく
ただ叱っているだけなのですが、

 

 

部下や子どもは、空白を埋めようとするのです。

 

 

すると、これが習慣化して、言い訳を
増長することになってしまいます。

 

 

言い訳が増えるのです。

 

 

「どうして、そういう口のききかたをするの?」

 

 

「どうして?」

 

 

「なぜ?」

 

 

脳に空白ができるので言い訳を言いたくなるのです。

 

 

本来、「すいません、次から○○します!」

ですむのに・・。

 

 

言っても無駄なのについ言ってしまうことありますね。

 

 

「なんで、こんなに寒いわけ?」

 

 

質問形式で発言するのをしばらく、
やめてみてはいかがでしょう。

 

 

 

 

全スケジュール