成果を出す

 

仕事を一生懸命やっているあなたは、
こんなに頑張っているのだから

 

 

認めてほしい
評価してほしい
察してほしい
って、思っていませんか?

 
それなのに、
ちっともそうならないので
いやになってはいないですか?

 
認めてほしいから
仕事を頑張っているんじゃないんです!
と言いたいかもしれませんね。

 
それでも、
一生懸命な人は、認めてほしい
という欲求は人1倍強いでしょう。

 
もし、もっと成果をだして認められたいなら
逆にその感情は捨てた方がいいですね。

 

 

どうしたらいいでしょうね。

 
そもそも、そう思う人は
認めてもらえてないという
勘違いがあるのです。

 
6歳以下のあなたが
お母さん、お父さんに認めてもらえなかったと
思った出来事があるからです。

 

 

これを修正しましょう。

 
自分でそれを修正する方法があります。

 
フラクタル心理学マスターコース初級には、
その修正法があります。

 
(始めるのはまず入門からです。)

 
そこで方法を学んで、
あなた自身が、
自分を認めてあげればいいのです。

 
そうすると、あなたは安心して
前にすすめるようになります。

 
なぜでしょう?

 
それは、
あなたがあなたを認めると
「認める、評価する」という思考が

 
深層意識にたまるので
それが現実化します。

 
つまり、まわりにあなたを認める
人があらわれるのです。

 
人に認めてもらうのではなく
あなたがあなたを認めることにより

 
結果的に、周りにあなたを
認める人がでてくるのです。

 

 

カップから水があふれるように
たくさん認めれば、周りにそれが溢れます。

 

 

ですから、

ほめるということも同じです。

 
あなたがあなたをほめると、
ほめる思考が深層意識に
たまるので、あなたの周りに、
あなたをほめる人が現れるのです。

 

 

もっと詳しく知りたい方は
こちら です。
http://statwork.jp/taw-program/taw/tawelementary

 

 

 

全体スケジュール