シンプルに

 

今日は、北岡秀紀さんのメルマガが
よかったので、シェアします。

 

~~~~~~~~~~~~ココカラ

 

「結局、お客さんを理解することが全て」
マーケティングに詳しい人に、
マーケティングの秘訣を聞くと
十中八九、そんなシンプルな
答えが返ってきます。

 
だから、あなたもマーケティングで成功したいなら、
お客さんを理解することに全力を傾けましょう・・・

 
というのは早計です。

 
なぜならマーケティングに詳しい人にとって
「お客さん」「理解すること」という言葉の裏には、
彼らの今までの経験や苦労が含まれています。

 
お客さんに振り回された経験・・・
お客さんに売れた経験・・・
誤解してメッセージを伝えた経験・・・
などなど。

 
こういう一言で真理をついた言葉というのは、
非常にシンプル。

 
字面だけ見れば、まァ、意味も分かります。
なので、分かった気になりやすい。

 
でも、ほとんどの場合、分かっていません。

 
なぜなら重要なのは、

その言外の意味、
表面に見えている一言の裏に
隠れている膨大な経験や知識だからです。

 
全く同じ言葉を発していたとしても、
その人の経験やその深みによっても
本当の意味するところは変わってきます。

 
なので、もし
あなたが本当に素晴らしいなと思う人が
「シンプルな一言」「意外と普通」なことを
言っていたとしたら・・・

 
その背後の意味は何だろうか?と
考えてみてください。

 
それを考えるだけでも、
スキルがあがってくるはずです。

 

 

一方で、伝える側も「●●が全てだよ」と
一言で言おうとしないことです。

 
確かに、自分と同じレベルの経験を
してきた人にそれを伝えれば、
間違いなく伝わります。

 
しかし、そうでない人に
真理を伝えたとしても、

 
多くの解釈の余地を残し、
誤解を招きかねません。

 
場合によっては、
「当たり前のことを言うなよ」と
無意味な反発を招くこともあります。

 
シンプルに伝えることをやめろ、
というわけではありません。

 
相手に理解させる、相手を動かすには

 
シンプルな方が効果的であることも
間違いありません。

 
しかし、一方で、そのために
本当の理解を捨ててしまっていることも事実です。

 

 

難しいことをカンタンに伝える人が
エラいという風潮がありますが、

 
(あるレベルに到達していない人にとっては)
難しく、複雑にしか伝えられないことだって
実はあります。

 
ですから、
本当にお客さんやスタッフや家族や友人に
理解してもらいたいなら、

 
シンプルに伝えることは諦めることも一案です。

 
そして、
「相手がシンプルに伝えられるような
レベルになること」を

 
目指して接触頻度を増やして
働きかけようとしてみてください。

 

 

そうすることで、
自分が発するシンプルな一言の中に、

 
どんな意味を含ませているのかを
言語化することになります。

 
結果、さらに自分のスキルも
あがることにもなります。

 
北岡秀紀

~~~~~~~~~ココマデ
まだ、あるレベルに達していない人に
対してはシンプルに伝えることを
目指すのではなく、

 
いかにわかってもらうかを考えたら、
言葉はシンプルではないかもしれません。

 
とても面白い視点だと思いました。

 
そういえば、
フラクタル心理学マスター入門の講座のとき、

けっこう複雑に話していますが、
いかに受講生にわかっていただくか、を
中心に考えています。

 
ですから、
私の入門はわかりやすいはずですよ。(笑)

 
あなたのお越しをお待ちしています。

 

 

 

全体スケジュール