2017年11月17日赤ちゃん

 

 

ある受講生の実践です。

 

 

生理痛がひどかった。

 

 

貧血も激しく、頭痛もひどく、薬を飲むと
吐き気がして、気持ち悪く、

 
寝込むほどなので、
ふつうの 生活ができなかった。

 

 

これがあるために、
仕事はできないと思っていた。

 

 

死にたくなるほど辛かった。

 
フラクタル心理学で修正法を学んでいるので、
何とかできないか、いろいろやってみた。

 
そもそも、
この激しい生理痛を起こしているメリットは?

 

 

やるべきことをしていなくても
このためにできないと言える。

 
小4のときから生理が始まった。

 

 

そのとき、母が近所のおばさんと
話しているのを聞いた。

「こんなに早く始まって・・・」

 

 

心配して話しているのだろうが
いいイメージではなかった。

 

 

まるで、きたないもののように
感じていた。

 

 

今年の2月からパートで働き始めた。

 

 

毎月、苦しめられるのは、いや、
もう絶対に、この生理痛はいやだ。

 

 

絶対に直してやる!と思った。

 

 

修正文を作って試してみた。

 

 

効きそうもないのは、すぐにやめて
5つくらい作った。

 

 

すると、、最後の一つがすっと入ってきて
いい感じなのだ。

 

 

毎日読んで、1か月もすると、
あの苦しかった生理痛が
全く、なくなっていた。
~~~~~~~~~~~~

 

 

生理を直した修正文です。

 

 

あなたにとって生理は汚くて痛くて
辛いものだと思ってたんだね。

 

 

だから、ずーっと、痛い思いして
耐えてきたんだね。

 

 

とても、辛かったね。痛かったね。
良く耐えたね。凄いことだよ。

 

 

でもね、それは、

あなたの勘違いだったんだよ。

 

 

生理は、大人の女性ということなんだよ。

 

 

だから、あなたは2人の可愛い子どもを
産むことができ、母親になれたんだよ。

 

 

だから、生理は素晴らしいんだよ。
大人の女性になった特権だからね。

 

 

あなたの身体は素晴らしいね。
愛情が、たくさん入ってるね。
あったかいね。

 

 

(竹村優加里さま作成修正文)

 

 

~~~~~~~~~~~~

 

 

竹村さま、ありがとうございます。

 

 

この実践は、素晴らしいです。

 

 

あなたも、生理痛がひどかったら、
修正文を読み続けてみてください。

 

 

でも、読んでスッと入ってこないものは
いけませんね。

 

 

読んでスッと入ってくるものを
作ってくださいね。

 

 

数日後には変化があるかもしれません。

朗報を待っていますよ。

 
修正文は、フラクタル心理学マスター
初級講座で学べます。

 

 

どうしてもうまくできない人は
学びに来てくださいね。

 

 

あなたのお越しをお待ちしています。

 

 

 

 

全体スケジュール