4月27日ハンカチノキ

 

以下あるメルマガからの引用です。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~ココカラ

 

「自分の年収は、自分と仲の良い友人あるいは、

付き合っている人たち5人の平均年収と同じである。」
あなたも何度かこの話しを聞いたことがあると思います。

 

 

これは本当にシンプルな成功法則です。
要は、

・「年収を上げたかったら付き合う人を変えればいい。」

・「成功したかったら付き合う人を変えればいい。」
ということになります。

 

 

逆に、これはかなり怖い話しでもあります。裏を返せば、

 

 

————————————————–
「今、あなたが付き合っている相手によって、あなたの年収や成功が左右される。」
————————————————–

ということになります。

 
いくらあなたが優秀でやる気があって前向きでたくさんの人に貢献したい、

と思っていても“そうでない人”と付き合っていると、モチベーションが下がり、
壁にぶち当たった時に乗り切る気力が沸かず、

いつしかやる気を失い結局は、「過去の自分」に戻ってしまう・・・・
そんな負のスパイラルに陥ってしまうかもしれません。

 
人は知らず知らずのうちに

付き合っている人の影響を受けてしまいます。

 
これは、「ミラーニューロン」でも証明されています。

 
もし、あなたがコーチやコンサルタントとして

クライアントがとれていない、

ビジネスが上手く回っていないとしたら、

それはあなた自身の問題というよりも、

 
—————————-
あなたに影響を与えている周りの人
—————————-
に大きな原因がある可能性が高いのです。

 
これはなにも、「友達を切れ」、とか、

「お世話になっている人を邪険にしろ」という意味ではありません。

 
ですが起業を考えたり、独立したり、新しいビジネスを

やろうとすると「必ず邪魔をする人」が現れます。

 
例えば、コーチングを学びはじめた時、

必ずしも、“応援してくれる人ばかり”ではなかったと思います。

 
「コーチング?何それ?変な宗教じゃないの?」とか、
「コーチングなんて、効果がないんじゃないの?辞めといたら?」
「今は必要ないなぁ。また今度ね。がんばってね。」

 
と言われた経験を持っている方もたくさんいると思います。

言っている相手も、悪気があるわけではなく、

 

 

一応、「あなたの為を思って」言ってくれているから、

逆に厄介だったりします。
しかも、それが仲の良い知人だったり、

時には家族であったりするから、

話しはややこしくなります。

 

 

ただ、どうしても、そんな人たちは、起業したり、

新しいビジネスを始める場合は、

マイナスの存在になってしまうことがあります。

 
近しい人ほど影響を受けやすい・・・・。
これが、あなたの成功やビジネスを軌道に乗せることの足を

大きく引っ張っている原因のひとつだと思います。

 
以下省略
~~~~~~~~~~~~~~~ココマデ

 
これを書いたTさんは、マーケティングでは、
有名な実力者であり、私もお世話になっている方です。

 
上記の文章を読んで、おかしいところが、わかりましたか?
行間など、形ではありません、形は私が変更しました。
内容です。

 
フラクタル心理学の考え方が、身についている方なら、すぐ、わかりますね。

 
でも、フラクタル心理学を知らない方なら、
あら、これで、いいんじゃない、と思うでしょう。

 
100%思考が現実化しているのが、この世界です。
ですから、自分が変わると、周りが変わります。
つき合っている人も、変わります。

 
あなたの思考が、周りに表れているのです。
まわりの人に原因があるのでは、ありません。

 
必ず邪魔をする人が、表れるというのも、
新しいことにたいする自分の思考量が、足りないからです。

 
とくに身近な人は深層意識の量が多い表れですから、
反対するのです。

 
つまり、まだ、心の中で、その気になっていないので、
その不安が外に現れただけです。

 
これは、あなたが、人の邪魔をする人なので、
それが投影されているのです。
周りの人を悪者にしてはいけません。
すべて、自分の責任、自分の表れです。

 
Tさんのような方が、コーチングやコンサルをしているとしたら、
フラクタル心理学を学んでいるあなたは、
まさにビジネスチャンスですよ。

 
怖いものは、まったくありません。

 
フラクタル心理学はどこにも、悪者が必要ないのです。
すべて、自分ですから。

 
Tさんにも、「人生乗り換えの法則」を渡してありますから、
いずれフラクタル心理学を学ぶでしょう。

 
Tさん、材料を提供してくださって、ありがとうございます。

 
最後までお読みくださって、ありがとうございます。