4月7日サクラ

 

【妹が憎くて起こした出来事をなおす修正文】

 

ガンをなおす修正文でもあります。

 

 

先日終わったフラクタル心理学マスターコース初級で

いい修正文が出来ました。

 

 

ブログ読者の方の勉強になればと、

その修正文を掲載することを喜んでくださいました。

 

 

一度できた修正文でしたが、心をみていくうちに

もっと深い恨みがあることがわかってきました。

そして次のような、いい修正文ができあがりました。

その受講生の方はこの修正文を唱えただけで、

花粉症がなおってしまいました。

明日もう一つ別の修正文を掲載しますね。

お楽しみに。

 
この受講生は、常に怒りまくっていました。

いつでも、何かに怒っていたのです。

その理由は、わかりませんでした。

 

 

そして、お父さんとまわりの女性が次々に

病気になっていくのです。

ほとんどがガンでした。

親戚だけでなく、職場でも

かかわる女性がガンになるのです。

 

 

彼は病気にはなっていませんでしたが、

小さい頃は、よく怪我をしていました。

 

 

怒りを爆発させることで、生きているようでした。
しかし、

フラクタル心理学マスター入門を始めたころから

急におだやかになっていくのです。

 

 

周りが全て自分の投影だとわかると

怒りがすっと消えていくのです。

 

 

こころの深いところまでみて作った修正文が

腑に落ちて、読めば読むほど

いい状態になっていくのを実感しているようでした。

 

 

出来上がった2つの修正文をよんでいると

他の問題も消えていき、

他に誘導瞑想する材料がないとおっしゃっていました。

 

 

つぎの修正文を是非、参考にしてください。

 
修正文1~~~~~~~~~~

 

あなたは(3歳)、〇〇ちゃんがあまりにも

両親から可愛がられているので、

憎い、滅ぼしたいと思っていたね。

 

 

ある日ベットで〇〇ちゃんが泣いていたとき、

抱きかかえてあやすふりをして、

落として殺そうとしたね。

 

 

そのとき、お母さんに「危ない!」と

注意されたんだね。

 

 

あなたは、そのことをお母さんに

ばれてしまったと思って苦しんだね。

 

 

だから、あなたは、あなたが苦しんだ分、

お父さん、お母さん、〇〇ちゃんも

苦しめばいいと思ったんだね。

 

 

でもね、それは、勘違いだよ。

 

 

お母さんは、あなたがひっくり返って

怪我するんじゃないかと

思ったから心配して、

「危ない!」と言ったんだよ。

 

 

お母さんは、あなたのことを

とっても大切に思っているんだよ。

 

 

お父さんもあなたのことを

大切に思っているし、

頼もしいと思っているんだよ。

 

 

〇〇ちゃんもあなたのことを

お兄さんとして頼りにしているんだよ。

 

 

あなたが〇〇ちゃんが欲しくて

お母さんに産んでもらったんだよ。

 

 

その〇〇ちゃんを憎んだり、

滅ぼそうとするのはやめさい。

 

 

お父さん、お母さん、〇〇ちゃんが

苦しめばいいと思うのはやめなさい。

 

 

これからは、お父さん、お母さんの言うことを

ちゃんと聞いて、言う通りにしようね。

 

 

そうすれば、楽しい人生になるよ。

豊かで、充実した人生を過ごすことができるよ。

嬉しいね。

 

 

お父さんごめんなさい。

 

 

お母さんごめんなさい。

 

 

〇〇ちゃんごめんなさい。

 

 

~~~~~~~~~~

 

では、また。ごきげんよう。

 
フラクタル心理学マスター初級

 
全体のスケジュールはこちらです。