先日こんなことがありました。

 

 

オフィスで一人で仕事をしているときのこと。

知らずに、うとうとしていたんです。

そこに、ピンポン。

宅急便です。

すぐに対応しました。

 

その後、割り箸を手にして、使えるように

パット割って、おはしの状態に。

 

あれ?

なにしているんだろ??

どこにも食べものはありません。

宅急便で目がさめたとき

夢のなかで、もやしの多い焼きそばを

食べる寸前だったのです。

 

 
以前書いたように、このとき

ピンポンと鳴った瞬間に夢を見たのです。
それも、食べる寸前という夢。

宅急便のかたに対応してから

その焼きそばを食べようとしたのです。

 

 

 

夢と現実の区別ができていないのです。

まあ、ねぼけていたのですね。(笑)

 

 
それから、数日たって、

あれほど、焼きそばが食べたいのなら

食べればいいでしょ、と思って

コンビニで「ペヤング」の焼きそばを買ったのです。

 

 
もう何十年と食べていません。

お湯を入れて3分待ち、

お湯を捨てます。

 
驚いたのは、その湯切りというシステムです。

私が知っているのは、

容器から中身がこぼれないように

箸でおさえながら、お湯をすてるやり方です。

 
今は、湯切りがシールになっていて

そのシールをはがせば、

中の焼きそばが流れ出ないように

なっているのでした。

 

 

 

すごい、感激です。

こんなに工夫している。

生産業者はすごいなあ、と思ったのです。

 

 

 

 

で、肝心の焼きそばですが

それなりにおいしいのですが、

ほとんどが小麦、グルテンです。
2年半くらい前から、

グルテンは避けています。

 

 

 

厳密ではないものの、

自分からは積極的にグルテンは摂らないようにしています。

 

 
小麦類にふくまれている

「グリアジン」と「グルテニン」という2種類のタンパク質を

水でこねると「グルテン」という成分に変わります。

 

 

グルテンを含んだ小麦粉製品を食べた後は、

小腸の細胞粘膜がゆるみ、

炎症を起こしやすくなるので、

ほかの栄養素の吸収や代謝、

老廃物の排泄などの機能が狂ってきます。

 

 

人によって慢性的な便秘や下痢、

イライラ、頭痛、自己免疫疾患、副腎疲労、

アレルギー症状などを引き起こすことがあります。

 

 

 

私はアレルギーではないけれど、

グルテン不耐性(グルテン過敏症)のようです。

 

 

2年半前から避けているのは、

パン、パスタ、ピザ、ラーメン、焼きそば、うどん等。
ドーナツやケーキやクッキーなど、

お菓子類はもともと好きではないので当然避けています。

 

 

 

お付き合いで食べることはもちろんあります。

でも、やはりその後は調子が、悪くなります。

 

 

で、今回の焼きそばも、その後おなかを下しました。

やはり、食べてはいけなかったのです。

 

 
夢で、食べる直前だった、ということは

食べてはいけない、ということだったのです。

 

 
私に「邪魔された」という思考パターンがまだ残っているので

目が覚めてから、数日たっても、

本当は焼きそばがたべたかったんでしょ、

と勘違いをしたのです。

 

 

 

夢では、食べるな!という知らせだったのです。

だから、夢では直前で食べずにすんでいたのです。

 

 
ああ、勘違い、勘違い、です。
フラクタル心理学では、

現実は夢の結晶と教えています。

 

 

 

深層意識では、焼きそばを食べる寸前で遮られたという状態になっています。

そしてチャイルドが邪魔されたと思っているのです。

 

 

表層意識で(理性で)そうではなくて、食べなくていいんだよ、と思考すればいいのに

チャイルドに負けて、食べたかったんだよね、といって食べてしまったのです。

 

 

表層意識(大人)が深層意識(子ども)に負けてしまったのです。

今回は、悪い見本をお伝えしました。

 

 
ではまた。ごきげんよう。

 

 

 

無料体験講座はこちらです。

人生を変える心の法則 無料体験講座


フラクタル心理学マスターコース入門はこちらです。

フラクタル心理学マスターコース入門