2017年2月6日浮気

 

 

私が最初にフラクタル心理学を学んだとき
深層意識にある程度思考がたまると
それが現実化すると聞きました。

 

 

だから、自分の周りは全部自分の思考の
結果なのだというのです。

思考が現実化する。100%例外なく!
とは、そういう意味だと。

 

 

これを聞いて、私はだったら、
他人はいないということになるのでは?

と質問をしました。

 

 

すると、そうだというのです。

驚きました。

 

 

だったら、この世は全部自分、
自分しかいなくなるのではないか。

私一人しかいないと
いうことになってしまいます。

 

 

そして、私にしか会わないのです。

本当に100%なんだとその時に感じました。

 
最初は、
自分の周りで起こっていることがすべて
自分の思考の結果なんだとは思えない。

 
でも、
相手も出来事もすべて、自分の思考の結果
なんだと気づくこと。

 
そこから思考が現実化するんだという実感が
得られるようになってきます。

 

 

体験を積み上げていくことによって、
思考が現実化するんだと思えてきます。

 

 

 

幼い頃、こんなこと、ありませんでしたか。

夜遅く、両親が言争いをしている。

子どもたちは、もう寝たと親は思っている。
でもしっかり親の声が聞こえる。

 

 

やめてほしい。

 

 

どうも父が浮気したのを母が責めているようだ。
自分は、傍観者でこの争いには関係ない。
親が勝手にケンカをしている。

早くやめてほしい。

 

 

 

ここで被害者意識がでてくる。
かまってもらえない
無視された
大切にされない
聞いてくれない
振り回された
邪魔された
守ってもらえないetc

 
どんな被害者意識が出るかは人によって違うが
自分が一番つらいめに
あわされていると思っている。

 

 

けれど、本当はこの現象を起こしたのは
自分なのだ。

 

 

両親をケンカさせたのは自分なのだ。

 

 

思考が現実化するのだから、自分の思考が
この結果を引き起こしているのだ。

 

 

両親にケンカされて
可愛そうな自分を現実化させている。

 

 

攻撃している母も自分、
攻撃されている父も自分

この二人の自分が自分の深層意識のなかにいる。

 

 
他の女の人ばかり気にして
母をみてくれない父を母が責めている。

 
ということは、
自分のことをちゃんと見てくれない父を
自分が責めている。

 

 

それを母親にやらせている。
また、責められてかわいそうな父も
自分の投影であり、
罰したいと望んだことの現実化でもあります。

 

 
これはちょっと難しいかもしれません。
フラクタル心理学マスター初級でくわしく学びます。

 

 
自分には全く関係ないと思って居たことが
実は自分の思考の結果なのです。
ですからあなたの周りでおきる出来事も
あなたの周りの人も、全て
あなたの思考の結果なのです。

 

 
そこまでして、周りを落としたいのです。
周りを落とすことにより、自分を上げたい。

 
そんなわがままな自分を周りは受け入れ
自分の指示する通りにやってくれていたのです。

 

 

 

この思考パターンは根が深いですが、
大丈夫、しっかりと修正できます。

 

 

 

フラクタル心理学マスターコース初級
いらしてください、

 

もちろん入門から始めるのですよ。

変化していくあなたを実感できるでしょう。

 

 

ではまた。ごきげんよう。