2017年2月1日犬の病気

 

 

スタッフさんの愛犬が病気になりました。

 

 

約1週間、愛犬の治療にあたっていました。

かかりつけの病院では、まにあわず

東京大学付属動物医療センターにお世話になったのです。

 

 

ICUに入って治療を受けたのですが

結局は、愛犬はなくなってしまったのです。

 

 

 

1週間ぶりで、出勤してきたスタッフさんに話を聞きました。

 
東大病院は、すごい。

他の病院とは全く違う。

というのが第一声でした。

 
東大病院は国立なので、働いている医師、研究員、インターンなど

どの人も、働きによって給料がかわるわけではありません。

どう働こうが、自分の利益に関係ないのです。

 
どの人も、どうしたら患者(犬)のためになるか、

何ができるか、それだけを考えているのがわかる、といってました。

 

 

だから、どの場面でも、心地よかったということです。

愛犬をとても大事に丁寧に、扱ってくれていたというのです。

 

 

 

利益を追求する病院とは全く違うということ。

会社の経営も同じだと思います。

 

 

 

ひとの生き方も同じ。

 

 

政治も同じ。

 

 

ケネディ元大統領が言った有名な言葉を思い出します。

 

 

国があなたのために

何をしてくれるのかを

問うのではなく、

 

 

あなたが国のために

何を成すことができるのかを

問うて欲しい。

 

 

みな相似形ですね。

 

 

相手から何かをしてもらおうというのではなく

自分が相手に何をすることができるのかを常に考えよう。

 
相手というのは自分の深層意識を投影したものですから

自分の深層意識のために何ができるかということでもありますね。

 

 

周りの声に耳を傾け、何をしたらいいかを考えましょう。

深層意識の声ですから。

 
人生につまずいた方のため

 

人生の仕組みを知りたい方のため

 

今抱えている問題を解決したい方のため

 

毎日をもっとよくしたいと考えている方のため

 

 

私は、そういう方のために、活動をしています。

 

 

無料体験講座も、そんな気持ちで開催しています。

ぜひ、ご参加ください。

 

 

 

何かご希望があったら、ご気軽にメッセージをくださいね。

 

 

 

では、また。ごきげんよう。