私はもう私の宇宙に、
否定という概念の存在を許さない

コマクサ2

否定という概念をなくした人は、

痛みをともなわずに他人からのアドバイスを

素直に自己改造へと向かわせることが
できうようになってくる。

急速な変容が始まる。

今ここにある周りの全てが、
自己を変容するためのメッセージ
であることがわかっているから。

否定は必要ない。

全てを肯定するものが神だから。
全てがあなただから。

それが自他一体ということ。

「何が正しいのかを決める必要なんかない」

「相手に伝えたい」と思う心は、
「自分が正しい」という観点からの発想。

「相手に言ってあげたい」と思う優しい心も
「私は間違っていない」という観点から発している。

「自分は正しい」の観点に立ったとき、
相手も「自分は正しい」の観点から発想→対立

宇宙にただ一つの「私」という意識であったと仮定

→私は無限である
→私は全てということ

→私は神ということ
→~は私が仕組んだということ

→私がそれを知りたかったということ
→これを私がしたかったということ

→私は今「思い通り」に生きているということ

人間の苦しみの原因・・・
・・・自分の「思い通り」ではないということ

私が神であるということは、

私は、何かを成し遂げるために
わざわざくるはずがない。

体験こそ私がしたかったこと。

だから、今、体験している私は、
全てが「思い通り」ということ。

これまで何かを「する」ことを
目的としてきたが、これからは

「体験」を目的としよう。

起きてくることこそが、
体験したかったことなのだから。

変える必要などないのだ
と解ったとき変わりはじめ、

しなければならないことなど
何もないと解ったとき、

最も行動的となる。

お金など必要ないと解ったとき、
お金が集まりはじめる。

~~~~~~~~~~~~

以上は、どこからか引用したはずですが、不明です。
自分のスケジュール帳にメモしている文章です。

無料体験講座は、こちらです。