pool_water_slider

 

あなたのお友達A君がこんな思い出を
言ったとします。

 

 

幼稚園に通っているときのこと、
プールでみんな好きに遊んでいました。

 

 

先生も一人、中にはいっていました。

 

 

A君がプールの滑り台からすべったとき、
始めは下にだれもいなかったのに、

滑り始めたら、下に男の子が出てきました。

 

 

もう止められず、
その子にぶつかってしまいました。

 

 

その子の頭にぶつかり、A君は
口から血が出ています。

 

 

歯を折ったのか、唇を切ったのか。

 

 

唇を切ったのでした。

 

 

ぶつかられた子は、頭だったのですが
なんともないようでした。

 

 

A君は血が出ているので、先生にプールから
上げられ、海水パンツを脱がされました。

 

 

衛生室に連れていけばいいのに、
教室に連れていかれます。

 

 

「ふるちん」のままなので、男の子からは
笑われるし、女の子からは、見られて、
恥ずかしい思いをしました。

 
僕は悪くない。

 

 

自分が滑りはじめるとき
だれもいなかったのだから。

 

 

と今までは思ったでしょう。
でも、思考が現実化する、100%例外なく!

 
ですから、

A君がこの出来事を起こしているのです。

 

 

なぜでしょうか。

 

 

結果は目的です。

 

 

どうも、注目を集めたかったようです。

 

 

ネガティブなことを起こして注目を集める。

 

 

そのために
こんな出来事を起こしたのでした。

 

 

他の思い出も聞いてみると、
まだまだありました。

 

 

そこでA君に聞いてみました。

 

 

もしかして、大人になった今でも
こういうことないですか、と。

 

 

あるんですよ。こういうことが。

 
こんなとき、フラクタル心理学では
自分の思考パターンを見つけて修正します。

 
A君の場合なら、
良いことをして注目を得るような
思考パターンに変えます。

 

 

しかも、
自分で変えられるようになります。

 

 

理論が分かったても、現実が変われなければ
意味がありません。

 

 

そう、マスター初級では
それが自分でできるようになります。

 

 

あなたには、
どんな思考パターンがあるでしょうね。

 

 

無料体験講座もあります。

 

 

 

全スケジュール